太陽がくれた季節




9月18日、本日のお題は、太陽がくれた季節




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1972年9月21日発売のアルバム「虹をわたって」について、ご紹介しています。



真理さんの3枚目のアルバム虹をわたっての表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

虹をわたって


A面

1  虹をわたって
2  ひまわりの小径
3  さよならをするために
4  美しい星
5  太陽がくれた季節
6  トンガリ屋根の教会へ

B面

7  この広い野原いっぱい
8  花と小父さん
9  花の首飾り
10 涙くんさよなら
11 花嫁
12 誰もいない海






さて、本日のご紹介は、このアルバムのA面の5番目にある「太陽がくれた季節」です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC4の5番に当たります。





ご無沙汰いたしております。当方、兼業農家でありますので、土日の休みは、季節柄、稲刈りに奔走しております。そんな合間を縫っての更新です故、ここのところインターバルが長くなり、心苦しく感じております。

ファンの集いの事前打ち合わせのある、23日(春分の日)には稲刈りを終えて、ゆったりと望みたいと、今スリーピーは必死の形相です。ま、それは冗談ですが、とにかく更新の間が長くなり、自分的にも物足りない一週間でした。今後の反省材料とさせていただきます。




さて、本題に戻ります。この曲「太陽がくれた季節」のオリジナルは1972年5月に、グループ・青い三角定規によってリリースされました。

同じく1972年に人気を博した『とびだせ!青春』の主題歌となったことは、皆さまご周知の通りです。

私の記憶では、まだ白黒の世界であったような覚えなのですが、今から38年前ですから、やはり一昔前であったことは確かですね。



この曲にまつわる思い出は、やはり『とびだせ!青春』です。村野武典さん演じる熱血教師と、対抗する生徒役の石橋正次さんの対決映像は、青二才の私にとってワクワクする番組でした。その後に続く、青春ドラマの先駆けであったように記憶しています。

やっとカラーテレビが我が家に導入されたばかりの時代。パソコンもi-phoneも、マイカーさえも手に入らない時代でしたが、現代の白けた風潮と違って、誰でも頑張れば将来に夢を託せる、そんな時代であったように思い出します。まさにアナログ全盛の時代。私がデジタルを使いこなせないのは、そんな下地があるからなのでしょうか?いや、私が音痴なだけなのかも。





作詞:山川啓介
作曲:いずみたく
編曲:馬飼野俊一

君は何を今 見つめているの
若い悲しみが 濡れた瞳で
逃げてゆく白い鳩 それとも愛
君も今日からは ぼくらの仲間
とびだそう 青空の下へ

君は何を今 待ちつづけるの
街の片すみで ひざをかかえて
とどかないあの手紙 別れた夢
君も今日からは ぼくらの仲間
とびこ込もう 青空の海へ

青春は太陽が くれた季節
君も今日からは ぼくらの仲間
燃やそうよ 二度とない日々を





グループ・青い三角定規は男性1人と女性2人の構成でした。この曲の他に2曲、計3曲をリリースされましたが、この「太陽がくれた季節」がメジャーヒットとなりました。

その後、解散するこのグループですが、西口さんだけがソロで活動を継続し、得意のダンスを交え、色々な機会を得て、ご活躍されています。2008年に2名で青い三角定規を再結成されて活動を開始されました。





それでは、そんな青い三角定規の歌唱をお聴き下さい。

切っても切れない縁のある『とびだせ!青春』にちなんだ映像と音楽を探してみました。fukuy77 さんの作品。

主役の村野武典さん、生徒役の石橋正次さん。懐かしいお二人です。





Youtube に他の方々のカバーを探しましたが、意外にもカバーされている方は少なかったです。

歌っておられるのは一般の方々でしたので、プロの歌手との比較は失礼に当たりますので、ご紹介は控えさせていただきます。



それでは、本命である真理さんの登場です。

本日は、間近い彼岸にちなんで、彼岸花を中心にした品揃えです。にら、稲、おけら、栗、野牡丹、そして、彼岸花です。ワンコーラスですが、お楽しみ下さい。

[太陽がくれた季節]

 []







お聴きいただき、如何でしたでしょか? 

青い三角定規の西口さんの踊りまくって歌う方式には正直のところ、音が途切れ途切れになりついて行くのは難しいですが、録音の際にはさすがに踊らなかったようで、歌声も素晴らしいものがありますね。

一方の真理さんの歌唱も声量豊かで、決して引けを取りません。私的にはどちらの歌唱も好きです。ですので、またまた引き分けにさせていただきます。済みません。

それにしても、あの38年前の音源が、かくも鮮明に迫力を持って聴けるのは、デジタルのなせる業であり「凄い」のひと言ですね。この時代に生きていて良かったなと、思います。









さて次回は、真理さんのオリジナル「トンガリ屋根の教会へ」です。

個人的にも楽しみにしておりました。 どうぞ気長に、気長にお待ち下さい !





「第5回天地真理ファンの集い」も間近となりました。皆さまで盛り上げて参りましょう。


天地真理ファンの集い1
天地真理ファンの集い2r


にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード