花の首飾り




10月5日、本日のお題は、花の首飾り




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1972年9月21日発売のアルバム「虹をわたって」について、ご紹介しています。



真理さんの3枚目のアルバム虹をわたっての表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

虹をわたって


A面

1  虹をわたって
2  ひまわりの小径
3  さよならをするために
4  美しい星
5  太陽がくれた季節
6  トンガリ屋根の教会へ

B面

7  この広い野原いっぱい
8  花と小父さん
9  花の首飾り
10 涙くんさよなら
11 花嫁
12 誰もいない海






さて、本日のご紹介は、このアルバムのB面の3番目の曲「花の首飾り」です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC4の9番に当たります。





この曲「花の首飾り」は1968年の作品で、ザ・タイガースによるものがオリジナルです。当時67万枚という売上の数字を記録し、ヒットチャート1位をキープすること6週間余りと聞きました。

ザ・タイガースと言えば、1967年頃より最盛期に差し掛かるグループサウンズ(GS)ブームの頂点に君臨されたグループですので、決して一言では語り尽くせないものがあります。実際、1966年のテレビ初出演から、1971年に日本武道館で行われた解散コンサートまでの5年間、GSのトップに君臨し続けることはたいへんなことであり、真理さんの最盛期が4年程度であったことと考え合わせると、一人の歌手(グループ)がその人気を継続することは並大抵ではないことを思わされます。

1971年、真理さんがデビューしてアイドルの道を走り始めた頃、既にザ・タイガースは解散し、メンバーの5人はそれぞれの道を歩んでいくことになります。皆さん、それぞれの道で活躍されておいでです。





作詞:菅原房子
補作詞:なかにし礼
作曲:すぎやまこういち
編曲:馬飼野俊一

花咲く娘たちは 花咲く野辺で
ひなぎくの花の首飾り
やさしくあんでいた
おお愛のしるし 花の首飾り
わたしの首に かけておくれよ
あなたのうでが からみつくように

花つむ娘たちは 日暮れの森の
湖に浮かぶ白鳥に
姿を変えていた
おお愛のしるし 花の首飾り
わたしの首に かけて下さい
はかない声で 白鳥はいった

涙の白鳥に 花の首飾り
かけたときなげく白鳥は
娘になりました
おお愛のしるし 花の首飾り
おお愛のしるし 花の首飾り




1967年11月頃から、月刊雑誌「明星」誌上でザ・タイガースが歌う詞の一般公募が行われ、入選した作品が「花の首飾り」だったそうです。応募総数13万通余りで、入選したのが当時10代の北海道の女学生だった菅原房子さんでした。

当時の詩は上記の最終作品とは少し違った内容でしたが、その詩にプロの作詞家・なかにし礼さんが手を加え「銀河のロマンス」のB面としてレコード化されました。



作曲を担当された、すぎやまこういちさんは、ザ・タイガースの名づけの親であり、彼らのヒットナンバーを数多く手掛けられておいでです。







それでは、ザ・タイガースのオリジナル「花の首飾り」を聴いて参りましょう。

まずは、1968年(昭和43年)当時の世相を観ながらのお聴きいただきます。oso679558 さんの作品です。




タイガース




ザ・タイガースは、1971年に解散しましたが、1982年から「同窓会」として再結成しており、1989年には何と紅白歌合戦に出場するほどの復活振りでした。その頃の一場面からお聴き下さい。沢田研二さん、岸辺シローさんの当時のテレビ画面を賑わせた姿が映えますね。 nmdsk68 さんの作品です。








それでは、カバーされている方々の歌声です。



まずは、リュ・シウォンさんの歌声。韓国人でありながら、流暢な日本語で、しかも素晴らしい歌声ですね。rara8203 さんの作品です。






続きまして、井上陽水さんの歌唱。もともと伸びやかなお声が、この曲にぴったりです。まるでこの曲のためにあるようなお声ですね。heibonnakyoku さんの作品です。






女性人の先頭は、伊藤きよ子さん。ジャズ風の歌い方が、この曲ではどのように響きますでしょう。senoo400 さんの作品です。






次は高橋真梨子さんの歌唱。イントロからアレンジが入り、一風変わった仕上がりですが、真梨子さんのハスキーボイスはそのままですね。senoo400 さんの作品です。






続きまして、フォークデュオたんぽぽのお二人による「花の首飾り」。 お二人のデュオはこの曲の雰囲気にぴったり来る歌唱だとスリーピーは感じました。爽やかなお二人の歌唱をお聴き下さい。1960MAHAN40th さんの作品です。







さてさて、最後のトリはいつものように真理さんです。この曲は、ひなぎくをテーマに掲げておりましたので、今回は、ひなぎくを中心に小菊を集めてみましたので、ご鑑賞下さい。

[花の首飾り]

 []





GSの最高傑作とも言える「花の首飾り」の競演をお聴きいただき、如何でしたでしょう?

個人的には、井上陽水さんや、たんぽぽのお二人による雰囲気が似合っているように思います。しかし、登場された皆さまの歌唱はいずれも甲乙つけ難く、真理さんもとても頑張っておいでですので、今回は引き分けとさせていただきます。











さて次回は、B面の4番目の曲「涙くんさよなら」です。

どうぞ、気長にお待ち下さい !






「第5回天地真理ファンの集い」の記念すべき日も残すところあと5日余りで到来です。

集いの企画運営も大詰めにきており、式次第などもスタッフの手元に届いております。その式順は、当然ながら、真理さん・真保さんのご出席場面も想定された流れになっておりますので、100%の確証はありませんが、真理さんのご出席はほぼ確実と思われます。

当日は、皆さまの自己紹介やお好きな曲のリクエストなども予定されておりますので、この機会に皆さまそれぞれにお持ちの、真理さんとの出会いの想い出を思い起こしていただくとともに、お好きな特別な1曲を選定されてお越しになるとよろしいかと存じます。

私も当日は会場に詰めておりますが、改めてこの集いが、真に真理さんを愛する方々の集りとなり、心温かいほのぼのとした会となり、出席される真理さん・真保さんが喜んでお帰りいただけるような、そんな内容にしていただけることを希望致します。 私もそれを目標に頑張ります。

それでは、皆さまのお越しをお待ち致しております。


天地真理ファンの集い1
天地真理ファンの集い2r


にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ

コメントの投稿

非公開コメント

真理さんに「ありがとう」の花束を

こんにちは☆

スリーピーさまは、一体全体、いつこんなに充実した記事を準備されるのでしょう・・ 
よく努力されているし、書くことがほんとうに好きでいらっしゃるのですね~

準備も大詰めですね、みなさまの緊張と同じように、
真理さんもまた、たいへんな決心をされて参加のご意向を伝えられたのでしょう。
「ここへ来てほんとうによかった。」って、真理さんがホっとされるような
和やかなひとときでありますように・・。

大好きなお姉さんを、そして真保さんを 気遣ってさしあげてくださいね。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード